荻原綾さんは現在入院病棟を担当しています。日勤の場合、仕事が始まる前に荻原綾さんが受け持っている患者の情報収集を行います。
荻原綾さんの一日

荻原綾さんの指導方針

大学病院ではたらく荻原綾さんは新人の教育も行っています。附属の大学には看護学科もあり毎年多くの卒業生が附属病院に入ってきます。荻原綾さんは勤続10年目なので、中堅看護師として新しく大学病院に勤務することになった新人の看護師の指導役もしています。新人の看護師の指導もしますが、担当している病棟看護は24時間体制で患者さんと接しなければいけないので、新人の看護師は病棟看護師としてのサイクルに戸惑っている人も多いです。しっかりケアをしなければ患者さんの症状が変わってしまいますので、そうならないためにも何が大切なのかを新人の看護師に教えています。

新人の看護師を教育するとき荻原綾さんがいつも言っているのが「患者さんのことをしっかり理解してあげること」を大切にすることです。必ず新人の看護師に話しています。患者さんの性格を把握して家族背景はどうなっているか、家族はどのような気持ちなのか、その気持ちと医者の治療方針がしっかり合致しているかを患者の目線からしっかり理解してあげることが重要です。新人の看護師は仕事をこなすだけで精一杯で患者さんの気持ちを理解してあげる余裕はありませんので、これから少しずつ患者さんの気持ちをしっかり理解してあげることができるように、大切なことを1つずつ教えていこうと考えています。

ページの先頭へ戻る